老人性イボの治し方!自宅や皮膚科での治療 どれを選びますか

老人性イボは治し方が様々です。

 

病院で治療してもらったり、自宅で化粧品や塗り薬を利用して治す方法などがあります。

 

では、そんな「老人性イボ」の治し方や、そもそも「老人性イボ」とはどんなものなのかを、まとめていきたいと思います。

 

 

「老人性イボ」という名前を聞くと、高齢者にしかできないように思えますが、決してそうとは限りません。

 

20代でもこの症状が現れている人もいるんです。

 

イボができてしまう原因は、

 

・紫外線によって肌が乾燥し、角質が固くなる

 

・肌が老化して細胞の生まれ変わりが遅くなる

 

などと言われています。

 

原因を見てみると、確かに高齢者にしかあてはまらない、という訳ではなさそうですね。

 

 

イボは顔にできることもありますが、スキンケアを普段行っている分その数は少なく、どちらかというと、あまりスキンケアをしない体に多くできてしまいます。

 

中でも首にできることが多く、そのほかには、デコルテゾーンや背中などが多いようです。

 

ほくろの様に小さいイボから、大きいものだと2センチ以上になる場合も。

 

ニキビとは違って炎症を起こすわけではないですが、黒い色をしているので非常に目立ちます。

 

痛みなどはほとんどありませんが、鏡などを見ていてイボを見つけると、とっても憂鬱な気持ちになってしまいますよね。

 

 

そんな「老人性イボ」の治し方としては、皮膚科での治療を選ぶ人が多いようです。

 

皮膚科では、

 

・イボをハサミで切ってもらう

 

・液体窒素で焼いてもらう

 

・医療用レーザーで治療してもらう

 

などの方法があります。

 

ハサミで切るのは、比較的痛みも少なく、治療後も跡が残りにくいので手軽な治療方法です。

 

対して液体窒素でイボを焼いてもらうのは、激しい痛みを伴うため、避けて通りたいという患者さんも多いんです。

 

また、レーザーを利用する場合は費用がかなり高くなってしまうので、イボが数多くできてしまっている人や、広範囲に広がってしまっている人は、レーザーでの治療は経済的な負担が大きくなってしまうでしょう。

 

 

こうした直接的な治療以外では、内服薬を処方してもらって体の内側からイボを取り除いていく方法もあります。

 

こちらは痛みなどがない代わりに、かなりの長期的な治療になります。

 

自宅で飲むだけですが、時間がかかるので途中でハサミなどの取り方に変更する人もいます。

 

 

同じように、自宅で化粧品を使ってで行う治療も、長期的なケアが必要になります。

 

しかし、痛みもなく、薬の様に体への負担もないので、一番手軽で安全なケアとも言えるのです。

 

この時使われる化粧品は様々で、“杏仁オイル”や“ハトムギクリーム”などが人気が高くなっています。

 

これらの化粧品はどちらも、肌の再生を活発にして、角質を柔らかくするはたらきを持っています。

 

 

このように、「老人性イボ」の治し方は、病院でも自宅でのケアでも様々な種類があります。

 

病院に何度も通うのは難しいという方は自宅でのケア、とにかくすぐにイボを取り除きたいという方は病院でのケア、など、自分のライフスタイルに合わせて、適切なケア方法を見つけていきましょう。

 

 

こちらもお勧め
イボのケアにお勧めの化粧品【艶つや習慣】のまとめサイト