老人性イボの原因を解明!

老人性イボは老人性疣贅(ゆうぜい)とも言います。

 

どうして体にこのようなイボができてしまうのでしょうか。

 

「老人性イボ」の原因を解明していきましょう。

 

 

老人性という名前ですが、高齢者にばかり症状が現れるのではなく、若ければ20〜30代の人でもイボが現れます。

 

その原因のひとつが“紫外線の影響”だと言われています。

 

熱でも冬でも、季節を問わず紫外線を浴びたことにより、肌の中ではその刺激から肌表面を保護しようとして、メラニン色素が作られます。

 

通常であれば、このとき生まれたメラニンは、古い角質と共に剥がれ落ちていくのですが、乾燥などのトラブルを抱えていたり、年齢と共に弱ってしまった肌だと、古い角質が剥がれ落ちずに溜まっていく一方。

 

メラニン色素の黒い色も蓄積されたままになるので、固くて黒いイボが出来上がってしまうのです。

 

つまり、「老人性イボ」の原因は、紫外線によってメラニンが増え、さらに古い角質が溜まってしまうことで、肌表面にブツブツとしたカタマリがてきてしまうことなのです。

 

 

肌がトラブルを抱えやすいという人や、乾燥肌状態であるという人は、顔以外にも体の保湿を心掛けておかないと、角質が剥がれ落ちにくくなってイボができてしまう可能性が大きいです。

 

逆に、肌が健康な状態であるほど、紫外線の影響も受けにくく、角質の生まれ変わりも正常に行われるので、イボができる可能性が低いと言えるでしょう。

 

また、紫外線の影響は生まれてから現在までどんどん蓄積されてしまいます。

 

そのため、若い世代よりも年齢が上の世代の方が、「老人性イボ」ができやすくなるのです。

 

 

悪性腫瘍に発展することはないため、見つけたらすぐに処置しなければならないというわけではないですが、やはり、見つけてしまうと気になって仕方がないものです。

 

そんな時は、皮膚科などで適切な処置をしてもらったり、自宅で薬を飲んだり、化粧品でケアすることもできます。

 

中には、長期間のケアが必要になる場合もありますが、治らないものではないので安心してくださいね。

 

また、日ごろから肌の調子、顔だけでなくボディのスキンケアにも気を配っておくと、イボの予防に繋がっていくでしょう。

 

イボの原因である紫外線からのダメージを、できるだけなくしていくことがポイントです。

関連ページ

首にできるイボ その種類を知っておきましょう
老人性イボの多くは首にでき、その種類は様々です。首にできるイボの種類について詳しくまとめています。