これがポイント!イボの予防と再発を防ぐケア

老人性イボを予防したり、治ったものを再発させないためには、日ごろどんなケアをしていけば良いのでしょうか。

 

イボができてしまう原因は、紫外線によって肌がダメージを受けることで、バリア機能が低下して肌細胞の生まれ変わりが上手くいかなくなることだと考えられています。

 

古い角質がどんどん蓄積してしまうため、肌の上で固いブツブツとしたイボのような形になってしまうのです。

 

また、紫外線によってメラニンが発生するため、イボが黒く目立ってしまいます。

 

 

そんな「老人性イボ」を予防するためには、肌細胞の生まれ変わりを正常に行えるように、毎日ケアしてあげることです。

 

バリア機能が低下しているということは、肌の中は水分が枯れてカラカラな状態に。

 

そこで、毎日のスキンケアを徹底して行い、顔だけでなくボディのケアも怠らないようにしましょう。

 

ボディクリームやジェルなど、べたつかないものを選ぶと良いでしょう。

 

 

また、マッサージをして角質を定期的に取り除いたり、角質を柔らかくしてあげるのも効果的です。

 

この時活躍するのが、あんずオイルやホホバオイルなどのスキンケアオイルです。

 

特に、あんずオイルには、肌細胞の生まれ変わりをサポートする“パルミトレイン酸”が豊富に含まれているので、イボの予防や再発を防ぐのにはピッタリ。

 

人の皮脂と近いので、さらっと使えてベタベタしないのも特徴です。

 

 

注意しておきたいのは、角質が溜まることでイボに発展するからと言って、スクラブなどの刺激の強い洗顔を毎日行ったり、クレンジング料でこすったりなど、肌に刺激を与えてしまう間違ったケアです。

 

年齢と共に、ただでさえバリア機能が低下しやすくなっているので、刺激を与えてはさらに肌細胞を傷つけてしまいます。

 

角質を取り除くケアは週1回〜10日に1回程度にとどめておきましょう。

 

 

このように、角質を優しく取り除きながら、毎日の保湿ケアをしっかりと行うことで、「老人性イボ」の予防に繋がります。

 

スキンケアが手抜きだったという人、今まで無理やり角質ケアをしていたという人は、今日から正しいケアを取り入れて、イボができないようにしていきましょう!

関連ページ

ハトムギが効く!?イボのケアに効果的なヨクイニン
老人性イボにはハトムギが効くという噂があります。ハトムギの実力と、どんな効果が老人性イボにあるのかを調べてみました。
老人性イボを病院で除去する費用とその方法
老人性イボを病院で除去した場合の費用について、老人性イボを除去する方法ごとにまとめています。
化粧品を使ってイボのケア!?おすすめはこちら
老人性イボのケアに効果的な化粧品はないのか?老人性イボにおススメの化粧品をご紹介しています。