老人性イボを病院で除去する費用とその方法

老人性イボを病院で除去しようとすると、費用はどれくらいかかるのでしょうか。

 

各治療方法ごとに、まとめていきたいと思います。

 

 

・ハサミでイボを切り取る場合

 

皮膚科や、美容外科などでは、医療用のハサミを使ってイボを除去する方法があります。

 

大きさが5ミリ程度までなら、ハサミで取り除くことができます。

 

診察料や治療後の塗り薬などの料金もかかってきますが、治療自体は6000円〜10000円以下で行うことができます。

 

また、保険が適応されることが殆どであるので、実際はこれよりも安く済みます。

 

 

・液体窒素で焼く場合

 

比較的小さなイボの場合は、液体窒素をあてて焼く方法も取られます。

 

こちらは1回あたり6000円〜8000円程度で、保険が適応されるケースが殆どです。

 

1回では取り切れないので、2〜3回通うことになります。

 

また、こちらも診察料金や薬の代金がプラスされます。

 

 

・レーザー治療を行う場合

 

炭酸ガスレーザーと呼ばれる、医療用のレーザーでイボを取り除く治療方法です。

 

1回あたりいくらという換算の病院があれば、1個あたりいくらという料金の病院もあります。

 

4000円〜10000円ほどかかりますが、こちらは保険適応外である場合が多く、費用の負担は一番大きくなるでしょう。

 

 

このように、「老人性イボ」を病院で除去する場合は、だいたい10000円以内の費用がかかってきます。

 

しかし、あくまでも目安であり、通院する回数が増えればもちろん費用の負担は大きくなりますし、経過が良ければ負担は少なくなります。

 

また、イボの大きさが大きくなるほど、簡単な治療では除去するのが難しく、手術が必要になる場合も。

 

このケースでは、さらに大きな費用が必要となり、15000円ほど必要になってきます。

 

保険が適応されるので実際はもっと少なくなりますが、数が多いほどこちらも負担は大きくなってしまいます。

 

 

確実に、そして迅速に治療するなら病院で取り除いてもらうのが一番ですが、経済的な負担を考えたり、痛みなどが不安である場合、自宅でのケアも視野に入れるといいかもしれませんね。

関連ページ

ハトムギが効く!?イボのケアに効果的なヨクイニン
老人性イボにはハトムギが効くという噂があります。ハトムギの実力と、どんな効果が老人性イボにあるのかを調べてみました。
これがポイント!イボの予防と再発を防ぐケア
老人性イボを予防する方法や、治ったイボの再発予防として、できるケアをご紹介しています。
化粧品を使ってイボのケア!?おすすめはこちら
老人性イボのケアに効果的な化粧品はないのか?老人性イボにおススメの化粧品をご紹介しています。